西洋医学と自然療法のホメオパシーが調和していく日

保健師ホメオパス三森弥生が語る、認知症で乳がんの母と歩んだ、人生の中で一番幸せで穏やかな1年

~医療とホメオパシーの調和に支えられて~
名インタビューアーの奥敬子さんによる動画『仙台の保健師ホメオパス三森弥生さんインタビュー』が先日公開されました。

 

私の母は、1年前に末期の乳癌で余命が半年と宣告されていましたが、命の期限を半年すぎても穏やかに過ごしています。

動画では、母が穏やかな秘訣をお話しています。

動画の最後に、セミナーのお知らせをしています。

インタビュー動画の感想

 

動画をご覧になった方のご感想の一部をご紹介します。

 

「動画わかりやすくてとても良かったです!」

「お母様への思いと経過が温かい言葉でお話されていて、ホメオパシーの可能性を改めて感じました。」

 

最近の母の様子

主治医との面接を通して私が見た母の様子をお話します。

 

主治医の表情は、深刻そうに見えました。

それは、検査データが悪化しているからです。

  • 乳癌の腫瘍マーカーは、上昇し続け
  • 腫瘍が転移している肝臓の肝機能値も、上昇し続け
  • 画像でみる転移先の肺腫瘍の数は無数に増え
  • 画像でみる転移先の肝腫瘍のサイズが大きくなり

 

検査データを見せてもらいました。

確かに、主治医の表情が険しくなるのも頷けました。

肝機能値だけから推測すると、

「食欲が落ち、体の怠さがあって起きてはいられなくなり、横になってばかりいる状態」の数値です。

 

それでも、母は穏やかです。

普通のごはんを食べているし(食欲のムラはあります)、おやつはパクパクと食べます。

孫とトランプをして遊ぶこともできます。

おやつのプリンを孫と食べている母

 

母の検査データを分析

西洋医学の検査データを見る時には、異常値にマークが付き、異常値が目立つようになっています。

それは、リスクを素早くピックアップし、リスク回避をすることが重要だからです。

 

私は、正常の検査データに注目しました。

母のいいところは、免疫値(終末期医療者が元気度をみる目安にしている検査項目の1つ)が良いのです。

 

免疫値の安定度に対して、検査データの悪い状態がかみ合わないので、主治医は険しい表情をするのでしょう。

 

私の見立てでは、検査データの悪化があっても元気でいられる秘訣は、ホメオパシーが入っているからだと思っています。

 

ホメオパシーとは、自然療法の一種です。

日本政府は、代替医療と言っています。

海外の複数の国では、国が医療と認めていて保険が適用されます。

 

病院とホメオパシーが調和していくことで、愛がうまれる

病院の得意なことと、ホメオパシーが出来ることは違っています。

だからこそ、お互いの力を寄せ合い調和させていくことが大事です。

 

短所を批判し合うのではなくて調和ができていくと、1+1=2ではなくて、3倍、4倍・・・無限大の愛がうまれていきます。

調和については、インタビュー動画の中で奥敬子さんがわかりやすく図式化してお話しています。

 

そして、私がどうやって病院と調和をしていったのかは、実体験をセミナーでお話しします。

 

セミナー開催概要

 

保健師ホメオパス三森弥生が語る

認知症で乳がんの母と歩んだ、人生の中で一番幸せで穏やかな1年

~医療とホメオパシーの調和に支えられて~

 

開催日 2018年1月28日(日) 10:00~11:30
開催場所 仙台市青葉区
参加費 5,000円
定員  10名

 

先行受付開始:12月12日(火) 8時配信のメルマガにて

一般受付開始:12月14日(木) 8時ブログにて

 

メルマガは、こちらからご登録ください。

無料で配信しています。

いつでも、お気軽に解約できますのでご安心ください。

 

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA