変な物を食べたから、吐いた? 

こんにちは。

みんなが幸せになる真の医療を目指している、保健師ホメオパスの三森弥生(みつもりやよい)です。

今日は嘔吐と下痢のお話をして、後半にレメディーも紹介しています。

吐く時にはどうしていますか?

  • 吐き気止めの薬を使う
  • 吐き終わるまで、我慢する

私は吐くことを後押しできるホメオパシーを使っています。

「吐く」のは、抵抗力が落ちている証拠

先日、高知に帰省した際に親友と食事を楽しみました。

しかし、その数時間後には体調を崩し、一転して大変な夜となりました。
あまりの苦しさに、私は吐きながら様々なことを考えていました。

  • 食中毒?
  • 他のみんなは大丈夫かな?
  • 前菜の生サラダを食べ過ぎた?
  • 美味しかったロースト鴨肉が、生焼けだった?
  • 調子にのって、デザートを食べすぎちゃった?

 

結論から言うと一緒に食事をした友人達は大丈夫で、体調を崩したのは私だけでした。
「抵抗力が落ちている証拠。他の人が食べてなんともなかったんだから」

回復した時に、看病してくれた主人がポロリと言いました。

どうして「吐く」の?

自分の体力が弱っているからです。

西洋医学では、吐くのは悪いものを食べたことが原因と考えられています。

対して自然治癒力を使うホメオパシーでは、異なる視点から考えていきます。

「吐く」は結果です。

「吐く」原因は、食べ物でないことが多いです。

 

では、原因は何でしょう?

原因は、体の状態です。

体が弱っている時に消化能力を超える食べ物が入ってきた場合に、

体は「こんなに消化できないよ!」とノーサインを出します。
そのサインが「吐く」です。

 

「吐く」前に、食べ物が胃を通過し、腸まで行ってしまった時、「下す(下痢)」ことになります。

 

私の場合は「吐く」力が弱かったので、「吐ききる」前に腸にまで食べ物が達しました。

そのため、「吐く」と「下す(下痢)」の両方の症状が出てきました。

 

「吐く」のは、食べ物が原因ではありません。

体力が弱っているからです。

私だけが吐いて友人達がなんともなかったのは、私が弱っていたことが原因でした。

 

ホメオパシーでは病気の原因は、自分の中にあると考えます。 

そのため、治すことができるのも自分自身です。

レメディーを使い「自然治癒力」を元気にさせて、病気を治します。

ホメオパシーでの「吐く」ケア

今回は、吐きそうになった時からホメオパシーのレメディーをとりました。

 

吐き気を感じてトイレに駆け込みましたが、なかなか吐けません。

そこで、「吐く」がテーマのレメディーを選びました。

「Ip. / イペカック」です。

このレメディーをとった後、吐き出すことができます。

大量に吐きましたが、まだスッキリはしません。

 

「Ip. / イペカック」 は吐き気によいレメディーですが、

「吐いても調子がよくならない」という問題点があります。

 

第一目標の「吐く」ことが達成できたので、次のレメディーを選びました。

嘔吐と下痢によい「Ars. / アーセニカム」です。

「Ars. / アーセニカム」をとった後は、かなりよくなりました。

 

でも、お腹に何か残っている感じがして胸もムカムカしていました。

そこで、次のレメディーを選びました。

吐いた後で体力が消耗している状態によい 「Chin. /チャイナ」です。

「Chin. /チャイナ」をとって、数分後に下痢をしました。

 

体の負担になっていたものが、上からも下からも出ていったので、スッキリすることができました!

 

また、私の健康相談会を受けてくださっているAさんからこんなお話を伺いました。

夕食後に下痢で真っ青になり、顔から冷や汗を流すほど辛かったそうです。

この状態は、かなり辛いですよね。。。

私も経験したから分かります。(汗)

辛いけれど、病院に行く体力や気力はない状態です。

 

こんな時に、手元にレメディーがあると救われます。

Aさんのご家族がレメディーを選び、とらせてくれたそうです。

  • Mag-p. / マグフォス
  • Ars. / アーセニカム
  • Acon. / アコナイト
  • Chin. /チャイナ

レメディーをとった後は、下痢がおさまり症状がなくなったそうです。

ホメオパシーは、どなたでも安心して使うことができます

健康相談会では、弱っている体質を整えるレメディーを私が選びます。

相談会後に体調を崩す場合には、クライアントさんがレメディーを選びます。

・レメディーのとり方が分からない
・レメディーをとったど、今ひとつ体調が回復しない
 
お悩みが解決できるように、持っているレメディーで対処ができるアドバイスをサービスで行っています。
 
ホメオパスの経験から見立てるので、回復が早いと好評をいただいています。

健康相談会の5月の最新ご予約状況は、残り2名様です。

 

新規お申込の方は、こちらからどうぞ

「こんなこと相談できるのかしら?」

「薬を飲んでいて、ホメオパシーを始めても大丈夫ですか?」

「病院に行ってないから病名は分からないけど、体調が悪いからみてほしい」

どんなことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
安心と共に人生を生きられるようになる。三森弥生のホメオパシー健康相談会。
新規ご予約受付中・ホメオパシー健康相談会
7日間メールセミナー配信中

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA