ホメオパシーと医療の違い

私には、医療系の大学で得た知識と臨床経験が25年あります。

その後ホメオパシーを専門的に学び経験を積んでいますので、両方の長所と短所がよく分かっています。

ホメオパシー

ホメオパシー

ホメオパシーは病気の原因を大切に捉えます

目に見えている病気や苦しく感じている病気には必ず原因があります。

病気の原因を探り足し、自然法則を使いながら原因を小さくするアプローチをします。

原因が解決すると、根本的な体質が改善していきます。

病気の原因がなくなり、さらに体質が改善するので、体の芯から元気になります。

医療

医療

医療は、救急救命や手術などの急性的な処置が得意ですが、慢性病は直していません。

一見進歩しているように見える医療技術が駆使されているはずなのに病気の種類と人数が増え続けている事実を見ると明らかなことがわかります。

今や日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡しています。

アメリカは、1990年を境に癌死亡数は減り続けていて、日本人の癌死亡数はアメリカの約1・6倍です。日本は先進国の中で、癌死亡数が増え続ける唯一の国です。

アメリカの癌死亡数が減ったのは、身体の免疫力を高めて、自然に治そうという考え方に医療がシフトし、代替医療が普及しているからです。

医療は病気の症状に対処し、原因はそのままなので病気が終息していません。

血圧が高い人は血圧を下げる血圧降下剤を飲み、薬は一生飲み続ける必要があります。

癌は、手術で切り取ります。原因の治療はしていませんので、癌が治るわけではありません。

(大きな癌で進行の早いタイプでは、手術が必要な場合もあります。)

ホメオパシーと医療の違い

  • 病気の原因をみないか、みるか、
  • 病気の原因に対応しないか、するか

これが、ホメオパシーと医療の違いです。

私には、医療系の大学で得た知識と臨床経験が25年あります。

その後にホメオパシーを専門的に学び、経験を積んでいますので、両方の長所と短所がよく分かっています。

医療を受けながらホメオパシーを使うと、緩和ケアができます。

ホメオパシーと医療がお互いの長所を活かしつつ、病気の人達を救うお手伝いをしたいと思い、活動を続けています。

病気の人の元気が戻ることで、私も世界に貢献ができることが幸せです。

 

ホメオパシー健康相談会についてはこちら

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA