コース

日本ホメオパシーセンター仙台榴岡(せんだいつつじがおか)ミモザ のコースのご案内です。

医療の専門性をベースに、三森弥生の経験から培った技術をご提供しております。

ご利用者様にご満足いただき、「次も受けたい」「家族や友人を紹介したい」とご好評いただいております。

薬をできるだけ使わずに健康を取り戻し、笑顔になるサポートをしております。

【コース一覧】

コース名 時間
医療コーディネイト(病院同行) 適宜
がんコンサルティング 90分
ホメオパシー健康相談会 90分
継続パック6回 90分×6回

 

医療コーディネイト(病院同行)

病院に同行し、医師の診察に同席します

医療では専門の知識が多く必要となるため、患者さんが医師からの説明を正確に理解することは難しい場合が多くあります。
医師は、病気の診断に重点をおき治療行為に専念しています。そのため検査結果の説明は、専門家の視点から専門用語を用いて話します。

私が病院で働いていた新人の頃、患者さんは医師の説明を分かっているものだと思っていましたが、診察室を出てからいろんな質問や相談されることが多くありました。
そのため難解な医師の説明を分かり易くかみ砕いて丁寧に説明することの必要性を感じ、積極的に取り組みました。

その経験から緊張しすぎて医師に相談することを躊躇する傾向があることも分かりました。

「病気は良くなってるの?」
「この薬はいつまで飲み続ける必要があるの?」
「他の治療法を試してみたいがそれは可能なのだろうか?」

これらの相談を多く受けていました。そのような時に患者さんと医師との間で意思疎通のお手伝いをすると、患者さんに笑顔が戻ることがよくありました。

今、ホメオパス(ホメオパシー療法の専門家)になり、保健師時代に相談を受けていた経験を最大限に活かすことができることに気づきました。

クライアントさんが納得して治療の選択ができるように援助します。

【まとめ】

医師の説明を患者さんが十分に理解できずに、一方通行になることはよくあります。
また、患者さんが理解したつもりでも、解釈が間違っていることもあります。

そのため、クライアントさんから伝達で医師の説明を聞くよりも、医師との面接に同席するほうが何十倍もの情報をキャッチができ、更にクライアントさんに安心感持っていただけると考え、「医療コーディネイト」として病院同行を行っています。

これまで内科、小児科、精神科、婦人科、乳腺科に同行し大変ご好評をいただいています。

 

医療コーディネイト(病院同行)の内容

1.クライアントさんの不安や悩みをお聞きする
「突然に病気が見つかり、不安でたまらない」
「本や人によって言うことが違うので、どれを信じていいか分からない」
まずは、不安や恐れ、怒りなど、どんな思いも全部お話ください。解決への第一歩になります

2.問題点を整理する
・医師に質問する内容を予め準備します
診察中には、専門用語を分かりやすい言葉に置き換えて解説し、医師との橋渡しを行います
・医師の説明で不明瞭な点については、代理で質問します

3.今後の見通しをたてる
・今の健康状態を客観的に観て、ご説明します
医師による今後の予測を、分かり易く解説します
・医師の説明を含め、選択できる治療方法を提案します

4.総合的な選択への支援を行う
・中立した目で観て、アドバイスします
・ご自身で考え、治療法を選択できるように援助します

5.ホメオパシー療法を提供する
代替医療のホメオパシーと医療の併用を希望される場合には、
医師の意見と検査データを、保健師ホメオパスとして読み解きます
自然治癒の力を発揮できるように、最適のホメオパシー商品をご提案します

このようなお悩みがある方にお勧めです

  • 検診後の精密検査の結果を聞きに行くが、不安だ
  • 医師の提案する以外の治療法を希望している
  • セカンドオピニオンの受診では、具体的に何をすればいいの?

 

症例

「医療との連携により、統合失調症薬の禁断症状を出さず断薬できたケース」

ホメオパシーを使って断薬したいと相談を受けました。
主治医の診断は、「統合失調症薬は一生飲み続けなければならない。」でした。
始める前にセカンドオピニオンとして、他の医師の意見を聞くことを勧めました。
診察に同席し、精神科医の見立て、意見、薬の知識を聞き、ホメオパシーの可能性が見えました。そのため、かなり早い段階で希望されていた断薬に成功しました。

 

クライアント様の声

A様・20代・女性
自分がどうしたいかに気づきました。
検査のことは、説明されてもよく分からなかったので、変わりに質問してもらったので安心できました。

がんと診断され医師の提案する治療方法に納得がいかないということで、2回目の診察に同席しました。

医師の説明は
「がんの患者さんは急がないといけない。がん診断後の1ヶ月以内に手術を行っている。手術前には複数の検査が必要で、早急に予約をとってください。」でした。

クライアントさんは、臓器を摘出する手術には抵抗感があり、術前検査の副作用も心配していました。
まず、検査の利点と欠点を知りたいと、代理で質問しました。そして、他の選択方法はあるのかを、何度もしつこく確認しました。
その結果、当初には説明がなかった体への負担が少ない検査方法があることが分かり、その検査を提案してもらうことができました。

クライアントさんの反応は、「この検査であれば、納得して受けられる。」と変わり、術前検査への不安を解消することができました。

検査の選択を十分に納得することはとても大切なことです。
何を質問してよいか分からず、医師への遠慮もあると自分の望みを引っ込めてしまいがちです。しかし気持ちはモンモンとし続けます。

その時に、クライアントさんの望む方向性が理解できている医療者の私であれば、医師と対等にディスカッションをすることができます。

 

ご利用時のシステム

【事前】
お申込フォームご入力後に、  日程と面談場所の調整をいたします。

全国、どこへでもお伺いします。

【当日】
診察前に打合せ(約45分)・・・診察の際に医師に聞きたいことを確認しながら状態と情報の整理
診察同席
診察後の打合せ(約30分)・・・今後の方向性を一緒に検討

【価格】
医療コーディネイト(病院同行) 1回 20,000円+交通費(税込21,600円+交通費)

 

予約申込

ご予約と合わせて、
「三森弥生がんを語る」無料音声セミナーをぜひ、ご登録ください。

※2018年11月8日公開

※ご登録後、1日1話ずつお届けします。(全6回)

最新ご予約状況

 

医療コーディネイト(病院同行)・予約申込フォーム

上記ボタンをクリックしていただくと、予約フォーム画面になります。
(24時間いつでも入力できます)

がんコンサルティング

今、日本人の2人に1人ががんにかかる時代と言われています。
がんかもしれないと不安を抱えている方、がんに怖いイメージを持っている方が沢山いらっしゃいます。闇雲に情報を集めても不安は大きくなるばかりです。
がんやがん治療に関しては、沢山の情報が溢れています。世界中の医師や科学者が日夜、研究を行っていますが、がんの本質は解明されていません。

がんにかかった時には、まず、ご自分のがんの性質を「知る」ことから始めてみませんか?

「知る」ことで、気持ちが落ち着き、頭の整理ができるようになり、自分が望む対応方法を見つけることができるようになります。

世間一般では、がんは怖いもの、進行が速いというイメージが強くあるので、
・がんかもしれない症状がある
・がんと診断された
このような時には頭が真っ白になり、ほとんどの人は自分らしい決断ができなくなってしまいます。

さらに
・医師には緊張し過ぎて相談しづらい
・家族に心配をかけたくない
等のいろんな気持ちが入り混じっていきます。

そんな時、客観的な立場の人に話をすることで、気持ちが落ち着いたり、モヤモヤしていた頭の整理ができたりするものです。

私は、保健師として東芝病院とソニー社内で社員と社員の家族の健康を25年間サポートし、延べ8000人以上の個別相談を受けてきました。

私生活では、父と母をがんで亡くしています。
79歳だった父は、体調不良で病院に救急搬送された時に肺がんステージⅣ(4)と診断され、余命1ヶ月との説明がありました。私は、頭が真っ白になりました。あの時の感情は今でも鮮明に思い出すことができます。父を看取って2年後には、母の乳がんが見つかりました。肝臓、肺、骨に多数の転移がある末期の状態でした。

父と母の看護では、西洋医学の恩恵を受けながら、ホメオパシー療法も併用しました。

私の実体験を十二分に活かし、クライアントさんが安心してがんと向き合っていくコンサルティングを目指していきます。

 

このような悩みのご相談をお受けしています

1.情報を整理したい

  • 医師に説明されたことが理解できない
  • 検査結果の見方が分からない
  • がんについて調べると、手術・抗がん剤・放射線治療とばかりあがってきて不安だ
  • 家族や友人からいろんなことを勧められていて、どれを選べばいいのか迷っている
  • 医師に何を聞くといいのか、分からない

2.病院を探してほしい

  • ネットで検索したら情報が多くて選べない、どの病院に行くのがいいですか?
  • 病院を受診する時に、どんな準備が必要なの?
  • 他の医師にも意見を聞いてみたいが「主治医に失礼なのではないか……」
  • セカンドオピニオンを受けたいので、病院を探してほしい

3.安心したい

  • 将来を考えると不安でたまらない
  • 死刑宣告を受けたようで、生きた心地がしない
  • まさかのがんと診断されて、何も考えられない
  • 抗がん剤治療を一通り受け、これ以上治療法がないと言われて困っている

4.ホメオパシーを使うか迷っている

  • 子宮がん検診で子宮がんが見つかって手術を勧められているが、将来こどもが欲しい
  • 家族は病院での治療を勧めるが、他の方法があるか気になる

 

コンサルティング後のアフターフォロー付

安心して病気を受入れられることを目指し、ご提供しているご相談用の無料特典です。
(コンサルティング後4週間)

ご相談はFacebookの秘密のグループの利用し、お聞きします。

これまでには
・CT検査は予約した方がいいですか?
・医師からは、「急いだ方がいいと言われています。」
・どのように進めていけば良いのかわからなくなってしまいました。
などのご相談がありました。不安なこと、気になっていることをご相談いただけます。

回答では、私の考えやこれまでのケース事例などを書き込みしています。

グループのメンバーは、がんコンサルティングを受けられた方のみです。
メンバーの投稿と私の返答の両方を閲覧することができますが、グループメンバー以外は一切の情報を閲覧できません。

※個人フォロー(メール使用)は、有料にてご提供しております。
お気軽に、お問合せください。

 

お勧めする方

  • がんかもしれないと思う症状がある(乳房のしこり・不正出血・食欲がない、等)
  • がん検診や人間ドックで異常が見つかった
  • がんと診断されている
  • 抗がん剤治療で、体調が悪くなった

 

がんの治癒症例

「胃の悪性リンパ腫(癌)」が3回のZENホメオパシー後、病院の多項目な検査結果で『異常なし』と診断され治癒したケース

病院で悪性リンパ腫と診断されて治療を受けましたが、胃の腫瘍は変化しませんでした。

今後どうするかを悩み考え、一旦、病院での治療は休むことにしました。3その3ケ月後に「悪性リンパ腫が治癒した」と、医師の診断を受けました。

その間は、ホメオパシー健康相談会に集中していました。

論文掲載ページ

 

クライアント様の声

F様・70代・女性
病院はあまり行きたくないけど、確かに良性か悪性かは判断してもらった方が良いですね。
自分の事は確かに一番難しいとは思ってました。
最近は病院に行ってないですけど、病院に行ってみようと思います。
病院での結果を見てから、また、相談会をお願いします。

乳房にしこりがあるとご相談を受け、まずは、病院での検査をお勧めしました。

病院にいく時に、「準備せずに病院に行く」というのはもったいないことです。
まずは、何を望んで病院に行くのか、ご自身の中での目的をはっきりしておきましょう。

たとえば、
・しこりが何かを診断をしてほしい
・治療方法を提案してほしい
・薬を処方してほしい

それと共に、経過を伝えるための情報や医師に聞きたい情報をノートに書き出し、手元に準備してから病院にいくようにアドバイスしました。

医師は医療の専門家ではありますが、初めて会ったばかりのクライアントさんのことは何もわかりません。
ご自身のしこりに気づいた経緯や、今の体調、治療している薬の情報を準備して、積極的に医者に伝えることは、正確な診断の補助になります。

 

詳細

【所用時間】
90分

【面接方法】
対面・オンライン・電話のいずれかをお選びください。
ご本人様のみ、ご家族と一緒に、ご友人と一緒などの様々な形での面談を行っています。
日本各地からご利用いただいています。

【検査結果・診断結果】
病院での検査データ・写真・画像データが手元にある場合は、当日にお持ちください。
情報量は、1つでも多い方が適切なサポートが行えます。

 

【価格】

がんコンサルティング 1回 20,000円(税込21,600円)

予約申込

ご予約と合わせて、
「三森弥生がんを語る」無料音声セミナーをぜひ、ご登録ください。

※2018年11月8日公開

※ご登録後、1日1話ずつお届けします。(全6回)

ご予約日は、「最新ご予約状況」からお選びください。

最新ご予約状況

 

がんコンサルティング・予約申込フォーム

上記ボタンをクリックしていただくと、予約フォーム画面になります。
(24時間いつでも入力できます)

ホメオパシー健康相談会

ホメオパシーは体と心の不調を奥深くから癒し、健やかな状態に整えていく自然療法です。
ホメオパシーでは自然界にあるさまざまな物質から作られたホメオパシー剤 “レメディー” をとって、自然治癒力を高めていきます。

レメディー選択のために、ホメオパス(ホメオパシー療法家)は1時間以上の面談を行います。
この面談を ”ホメオパシー健康相談会” と呼びます。

 

ホメオパシー健康相談会の内容

1.お話を聞く

病気の経過や症状をお伺いします。

今の置かれている状況(仕事や家庭事情)、生まれてから今までに起こった出来事やその時の気持ちなど、様々な角度からの情報も参考にします。

2. 望診

東洋医学的な観察を行います。顔や体をみることで、様々なことが分かります。発疹が出ている場所やしみの色からどの部位が病気か、内臓のトラブルを推測します。

3. 総合的な情報収集

医療に従事してきた経験を活かし、診断名・画像データ・血液検査等を読み取り、医師の治療方針を「ホメオパシーのみたて」に積極的にとりいれていきます。

4. 総合的な判断

病気のホメオパシー的原因、体質、遺伝、心身のバランスなど、観察した情報の全てを総合的に判断します。

5. ご説明

「選択したレメディー」「みたて」「今後の予測」をご説明します。

ホメオパス歴5年、医療臨床歴25年を活かし、自信を持ってサポートさせていただきます。

 

ホメオパシー 相談会後のアフターフォロー

ミモザが自信を持ってご提供する無料特典です。他に類を見ない画期的なシステムとなっております。

  • 紹介されたホメオパシー商品のとり方が分からない
  • 風邪っぽいけれど、レメディーをとってもいいの?
  • 皮膚湿疹の痒みが増してきたので、どうすればいい?

相談会後のご不明なことは、Facebookの秘密グループを利用したアフターフォローにてご相談いただけます。

個人フォローはお受けしておりません。

 

ご予約から当日までの流れ

 

お勧めする方

  • 自分でレメディーをとっても症状や病気が改善しない
  • 医療や代替医療を試したけれど、効果を実感できない
  • ホメオパスに相談しているが、更なるホメオパシーの可能性を知りたい
  • 病院では、治らないと言われている病気に罹っている(がんやアレルギーなど)
  • 薬を減らしたい、止めたい

1つでもチェックがついた方にお勧めです。

 

クライアント様の声

I様・女性・40代

相談会に来る前は、レメディーに治してもらうのだという気持ちが強かったのだと思います。
今は体にどんな症状がでても、何かお知らせだな、と考えることができるようになりました。
症状はメッセージと分かれば、体をもっと大事にして、仲良くやっていこうと思えます。
本当に感謝しております。

誰もが必ず、「自分で治る力=自然治癒力」を持っています。
薬を使うことが多かった場合は、薬がなんとかするので自然治癒力を意識することはありません。
一つ一つの症状に向き合うことを始めると、体は必ずそれに応えてくれます。
自分の体を知りたい、自分で良くしたい。と思うことが第一歩です。
ホメオパシーレメディーをとることで、深い気づきが促されました。おめでとうございます。

 

詳細

【所用時間】
90分

【面接方法】
対面・オンライン・電話のいずれかをお選びください。

【価格】

ホメオパシー健康相談会・初回 20,000円(税込21,600円)

予約申込

ご予約日は、「最新ご予約状況」からお選びください。

最新ご予約状況

 

ホメオパシー健康相談会・予約申込フォーム

上記ボタンをクリックしていただくと、予約フォーム画面になります。
(24時間いつでも入力できます)

継続パック6回

医療コーディネイト(病院同行)、がんコンサルティング、ホメオパシー 健康相談会をご利用の方が対象です。
初回以降のご相談は、6回の継続パックをご提供しています。

相談の間隔は、体調と全体像をみて判断しております。2週間後または、4週間後か6週間後をお勧めしています。
6回目を終えた時の状況でお見立て直しを行い、その後は最適のコースをご案内致します。

 

【医療コーディネイト(病院同行)・がんコンサルティング後】

病院の定期受診や自宅療養を、自分で納得のできる治療方法を選べるように総括的にサポートします。

本当のところ、病院での治療方法は自由に選ぶことができます。納得するまで主治医に何回でも相談することもできます。しかし、病院の外来には患者さんが溢れ、3分診療と言われるように時間に制約があり、十分に話ができないのが現状です。

「自分の悩みを医師に伝えてもいいの?」
「医師は専門家だから、素人の私が希望を出したら気を悪くさせてしまいそう」
「代替医療にも興味がある。病院での治療と両方をやることできるのだろうか?」

このように不安や悩みは、直ぐに解決できるものではありません。
不安の奥には、「この気持ちを分かって欲しい」「私は不幸だ」等の気持ちが隠れていることもよくあります。
自分の本音を知り、自分はどうしたいのかを知り、納得できる医療を受けるためには、時間と労力がかかります。

数ヶ月の時間をかけて継続的にサポートすることで、クライアントさんご自身が納得した上で、意思を持って病気に向き合うことができるようになっていきます。

 

【ホメオパシー健康相談会後】

ホメオパシーは、自然治癒力を活かす自然療法です。

薬は即効性がありますが、ホメオパシーは即効性ではなく、自然治癒力を活かし不調を改善していくため時間がかかります。時間の長さは、薬の影響度、過去の嫌な体験などにも左右され、個人差があります。

1回や2回のホメオパシー健康相談会や、1ヶ月という短期間ですっかりよくなるミラクルは起こりません。

自分の体を愛し、自分の力を信頼し、自分で癒していくのには時間と労力がかかります。

 

6回の継続パックをご利用いただくことで、計画的に総括的にサポートいたします。

 

お勧めする方

  • 病気とうまく付き合いたい
  • 自信を持ちたい
  • 体質改善したい
  • 体力をつけたい
  • 薬を使わずに、病気と向き合いたい

 

詳細

【1回の時間】90分

【回数】全6回

【利用期限】1回目の相談日から1年以内

【価格】継続パック6回 126,000円(税込136,080円)

 

各コース共通のご利用方法

完全予約制

完全予約制です。ご予約日は最新ご予約状況をご覧ください。

最新ご予約状況

相談方法

対面・オンライン・電話・をご用意しています。

【オンラインについて】

  • SkypeかZoomを利用
  • パソコン・スマホ・パッドのカメラを利用するので、顔を見ながらお話ができます。
  • 日本各地、海外からもご利用いただいています。

※通信状況により、一時的に音声が途切れる場合があります。

 

入院中・自宅療養中の方は、出張できる場合がありますのでお気軽にご相談ください。

交通費(実費)をご負担ください。

 

お支払

料金前払いです。

  • お申込み後1週間以内に、指定口座(ゆうちょ銀行)にお振込みください。
  • クレジット決済をご希望の場合は、事務スタッフより手続き方法をご案内致します。

(JCB, Diners Club, Discoverカードはご利用いただけません)

 

キャンセル

基本的には、キャンセルは受付けておりません。

ご予約のキャンセルは、キャンセル料がかかります。

体調が悪い場合は電話などに変更ができますので、お気軽にご相談ください。

手続きは、スタッフが対応致しますのでメールでご連絡ください。

予約日の5日前15時まで 料金の30%
予約日の前日15時まで 料金の50%
予約日の前日15時以降から当日 料金の100%

※継続パックの場合には、継続パック料金÷6の金額とします。

 

よくあるご質問

健康相談会Q&A をご覧ください。

  • どのコースを選べばいいですか?
  • ホメオパシーって、治癒するの?

お問合せ

お気軽にお問合せください。お待ちしております。

 

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA