ホメオパシーを仙台から発信します|三森弥生(みつもりやよい)

日本ホメオパシーセンター仙台榴岡(せんだいつつじがおか) ミモザ は、おかげさまで4周年を迎えます。

ミモザにご相談くださったクライアントさん、友人、知人、ホメオパシーの先輩や仲間、医療関係の仲間、恩師、家族、沢山の人達に支えていただいて今日があります。

本当にありがとうございます。

 

4年目に入るホメオパス活動を、より一層、充実させていきます。

まず、コツコツと続けてきたアメブロを卒業し、今日から新ブログを公開します。

日本ではまだ、名前がよく知られていないホメオパシー。

必要な人達に伝えていけるように私ができる工夫をするためです。

 

医療と人の体が好き

 

私は「医療と人の体が好き」ということを、最近、自覚することができました。

私には、当たり前すぎて気がつきませんでした。

好きだからこそ30年間も「病気をみる、相談を受ける」ことを職業として続けてこられました。

この作業は全く飽きないですし、3度の食事と同じくらいに好きです。

「私は、人の体が好き」に気づかせてくれた恩人は、大先輩の奥敬子(おくけいこ)さんです。

「ワンショット ビジネスコンサル」を通して、深い深い気づきを得ることができました。

 

奥さんからは教わったことが3つあります。

  • 人をみる
  • 時間をみる
  • 空間をみる

これらの能力を育みながらエネルギーを最善に活かすために、奥敬子さんのビジネスサポートを1年間受けられようになりました。

 

育てて先に何をしたいかと言いますと、私の夢を必ず実現します!(夢については、こんど書きます)

 

 

ブログに私の進化成長を綴っていきますので、応援してくださいね。

 

 

「力」を活かし、薬を使わずに大人もこどももも体と心を笑顔にする療法家

ホメオパシーは、安心できる療法です。

誰もが持っている、うまれる前から必ずもっている「力」を呼び覚まし、自分の「力」で病気を改善します。

 

ホメオパシー

 

自分で使う時のホメオパシー体験談や、病気がホメオパシーでよくなっていく事例なども、ブログでご紹介していきます。

 

緩和ケアにホメオパシーを使う

82歳の母は、去年、乳房のしこりが破裂し乳癌が見つかりました。肺、肝臓、リンパに多数の転移があり、余命は6ヶ月と診断されました。

病院での癌治療(抗癌剤、放射線療法、手術)は、受けない選択をとり、緩和ケアにホメオパシーを使っています。

今、命の期限をとっくにすぎても元気です。

3度の食事を美味しく食べ、体力を維持できるようにリハビリに通い、孫とトランプやオセロをして暮らしています。

ホメオパシーは、体に負担がかからず、穏やかな余生を過ごしていける強力な助っ人です。

 

 

 

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA