自分でできる火傷(やけど)の手当・ホメオパシー版

火傷をしたら、どうしますか?

「まず、流水で冷やす。」が鉄則ですよね。

時間は、どのくらい冷やしますか?

5分冷やし、水から離すと「ジンジンと痛くなる」経験はありませんか?

更に、5分冷やしても痛い。一体いつまで冷やせばいいんだろう?

 

火傷の箇所が顔ならどうします?

水を流しっぱなしは、息つぎが大変です。(笑)

 

ホメオパシーでは、世間一般の火傷の手当とは全く違うことをやります

しかも、早く、確実に、良くなりますよ。

 

ホメオパシーでは、流水はしません。

 

ホメオパシーのレメディー(砂糖玉)を、ポイポイと口に入れるだけです。

レメディーのとり方や選び方のコツが分かれば、誰でも、手軽にできます。

ホメオパシーレメディー(砂糖玉)

顔にアイロンが当たり、火傷をしました

ヘアーアイロンで髪を巻いていたら、顔にジュッ。(大汗)

アイロンの温度は140度。熱かったです。

 

まず、やったことは、レメディーキットの元に走りました。

 

火傷のホメオパシーレメディーのとり方

火傷用レメディーを選び、1粒目!口に入れました!

1分後:2粒目

2分後:3粒目

3分後:4粒目

4分後:5粒目

5分後:6粒目

 

最初は、約1分おきにレメディーを次々とります。(最初が肝心で、ここがポイントです!)

5分後以降: 1粒口に入れ、砂糖玉が溶けたら、次をとる。

これを数回繰り返すと、火傷したところの違和感が減っていきます。

違和感の減りに合わせて、レメディーをとる間隔は少しずつ伸ばします。

 

お気づきでしょうか?「違和感」と書きました。痛みは、なしです。

 

レメディーをとる間隔を少しずつ伸ばしていくと、少しヒリヒリ感が出ることがあります。

そしたら、また、レメディーを追加すればいいです。

(レメディーのとり方は、テキトウで大丈夫です。^^)

 

30分ほどで、火傷はかなり改善します。

 

火傷用レメディー

シミにならない!自分でできる火傷(やけど)の手当には、3種類のレメディーを使いました。

 

 

1.Acon. / アコナイト      :怪我のショックに合う

2.Arn. / アーニカ          :怪我のNo1レメディー

3.Canth. / カンサリス   :火傷のNo1レメディー

 

火傷のような急なことには、同じレメディーを何回も繰り返しとることが特徴です

 

最初:1粒目 Acon. / アコナイト

1分後:2粒目 Arn. / アーニカ

2分後:3粒目 Arn. / アーニカ

3分後:4粒目 Arn. / アーニカ

4分後:5粒目 Arn. / アーニカ

5分後:6粒目 Arn. / アーニカ

 

5分後以降:

Arn. / アーニカの砂糖玉が溶けたら、Canth. / カンサリス

Canth. / カンサリスの砂糖玉が溶けたら、Arn. / アーニカ

Arn. / アーニカの砂糖玉が溶けたら、Canth. / カンサリス

Canth. / カンサリスの砂糖玉が溶けたら、Arn. / アーニカ

 

上級編テクニック!

Arn. / アーニカのレメディーは、『早く』とればとるほど、『回数を多く』とればとるほど、回復に大きな差が出ます!

痛みの強さや種類に関係なく、火傷をした時の最初は、1分おきに繰返しとります。

レメディーのまとめ

1.Acon. / アコナイト 30C         (最初の1粒だけでOK)

2.Arn. / アーニカ 30C             (1分間隔でとる。ポイント!)

  Arn. / アーニカは、事故・怪我のファーストチョイスにNo1レメディーです。

3.Canth. / カンサリス 30C      (たまにとる)

 

ホメオパシーレメディーは、インターネットで手軽に購入できます。

30粒入り、540円~

 

火傷の後遺症は、ホメオパシーを使うとほとんど出ません

水ぶくれ

ホメオパシーで手当て始めてからは、水ぶくれになったことがありません。

例えば:調理の油が飛んだ、高熱の鍋を間違えて素手で触った、パンを焼いているオーブンの鉄板に触った、湯たんぽ作る熱湯を手にかけた、アイロンに触った などなど

火傷の箇所

火傷箇所はどこ?となるくらいに、跡がうっすらする程度です。

高温または、接触時間が長い場合には火傷跡は濃くなる場合があります。

火傷跡

皮膚がデリケートになっているので、紫外線に弱くなっています。

紫外線をカットできれば、火傷跡のシミはゼロにまで回復しますよ。

シミ予防に紫絆創膏を貼っていたのは、たったの3日間でした。早っい!

 

ホメオパシーを火傷に使って良かったこと

1)水道の前にへばりついていないので、楽。^^

2)いつもは火傷の後にお風呂に入ると、ヒリヒリ痛くなるけど、それが無かった。

3)顔にシミが残らなかった。

 

用語メモ

用語メモ

★ホメオパシー★

ドイツ人医師が200年前に考案した自然療法。自然治癒力を使います。

★レメディー★

自然治癒力のスイッチを入れるための砂糖玉。エネルギー情報入りです。副作用がないので、どなたでも安心して使用できます。

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA