インドへのホメオパシー研修旅行14

東インド最大の都市であり、ホメオパシーのメッカ、コルカタ(旧カルカッタ)で開校されたホメオパシー研修に参加してきました。


インドで実践されているホメオパシーを学びながら、インドの人々の生活もちょっぴりのぞいてきました。


国民の半数近くがホメオパシーを使ったことがあり、ホメオパシーが医療として浸透している国がインドです。

当時、Facebook上でリアル投稿した記事をご紹介します。

2019年2月5日

【今日は旧正月で新月】
クラスメイトと一緒にこの時を過ごせて幸せ!
エキサイティングな一日の始まりです

【聖なるガンジス川の支流、フーグリー川ににデビュー】
休日の午後は、小さなハプニングを乗り超えフーグリー川を訪れました。
聖なる川は、全てを包み込んでくれる温かさを感じ、川上から遊覧船に乗ってガンジス川を下る時には、感動して涙が溢れ出ました。
インドの本で読んだ知識では、インド人は感動の涙というのはないそうです。
だからなのか、乗船客のインド人は不思議そうな顔でこっちを見ていましたが、その後は優しい眼差しで見守ってくれていたのが、嬉しかった。

下船し、寺院に続く道に立ち並ぶ店でお供え物のお花を選びました。
花を手にしようとしたら、店主が
「花に触れる前にこの水で手を洗いなさい(清めなさい)」
とかなり濁ったペットボトルの水を手にかけてくれました。
「ガンジス川の水だ」と。
これは、序章です。^^

寺院入り口で靴を脱ぎ、裸足になり、靴、カメラ、モバイル、荷物を預け、寺院に入りました。

開館まで時間があったので、寺院を通り抜けてガンジス川を目指して散策。
その内に気分も高揚してきて、ガンジス川に入りたい気分になりました。
なので、自分の気持ちに正直になって入りました!
足だけです。(笑)

ガンジス川の水はとても冷たかったです。
臭さは全くありませんでした。
上流からはお供え物の花がゆったりと流れていて、時間の流れがいつもと違う感覚になりました。

とっても満たされる気持ちになり、いい思い出になりました。
ここに来れるために応援してくれた全ての人と神様に感謝します。

【段々、インドに馴染んできてます】
ランチの食べ方。
インド人の食べ方を観察すると、
手で混ぜながら食べる人
最初に手で全部食べてから食べる人
スプーンで食べる人
みんな自由です。
今日は、全部混ぜてから食べました。
どれの食べ方も美味い‼︎

【インドの植物のマザーチンクチャー】
インド固有の植物を抽出して作りるホメオパシー版薬草種を10種類買いました。
学校にレメディー屋さんが来てくれて、オーダーすると、届けてくれます。

アーユルヴェーダで2000年前からつかわれている植物もあります。

飲むのが楽しみ!
マザーチンクチャー名は、私に会った時に聞いてね。^ ^

研修の詳細

【期間】2019年1月15日~2月10日

【内容】

・ホメオパス専門家コース講義(lecture)… Allen College of Homoeopathy(ホメオパシー校)にて

・ 臨床トレーニング(Calcutta Clinical Training) … BENGAL ALLEN MEDICAL INSTITUTE(ホメオパシークリニック)にて

Allen College of Homoeopathy
本校はイギリスにあり、ホメオパシー症例の多いインドにて臨床トレーニングを行っています。


アレン・カレッジ・オブ・ホメオパシー PG コース | ACH Japan Post Graduate Course
東京開講決定。Allen College of Homoeopathyの支部(2019年~2020年)
主催は、六員環商会です。

お問合せ

お気軽にお問合せください。お待ちしております。

送信前にチェックしてください→



お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA