泣き虫が羽ばたくとき(後編)

涙が止まらない。
早朝の散歩道を泣きじゃくりながら歩く私。
ついさっき、隣を歩いている夫にある告白したのだ。
夫はしばらく絶句していた。

55歳の今、人生2回目の転機を向かえている。

1回目の転機は、「ホメオパスになる」と自分に誓った日。
あの日、医療畑で20年以上勤め上げてきたことに一旦、ピリオドを打つと決めた。


数年前から子育てに自然療法を取り入れていたとはいえ、
生活スタイルや収入が大きく変わることが予想されるので、
家族を巻き込む大きな決断だった。

夫は私を理解してくれ、全てを応援してくれた。
平日は仕事、土日はホメオパシー養成校。
子供たちは小さくてそれなりに手もかかっていたけど、休日の子育ては一手に引き受けてくれた。
あれから12年。

「話があるの。」
言いにくいことを話始める時の定番のセリフ。
「あーーきたー。」
と、複雑な顔をした夫が言った。

私の性格は、ホメオパシーではカルカーブ。
牡蠣殻で作られたレメディ。

牡蠣は硬い殻の中に住んでいて
食事と生殖の時だけ
そーーと牡蠣の口を開けて外の様子を伺い
安全をチェックしている。
とても慎重派。

何回も確認して
安全性を確信ができるとやっと外に出る。

その出方も特徴的。
殻の口を少し開いて、
ピュッと外に出る。

一瞬で目的を果たし、
すぐに殻の中に戻る。

殻の中にいる時は守られているのでいつも安心。


去年、ホメオパスとして独立し、安定期に入ってきた安心感がある。

それでも、全ての癌の人をよくできているわけではない。
尊い命を癌で失っていった人達がいる。

その時にできる万全のサポートができた。
とプロとして自負もしている。

一方で、彼女達に、彼らに、もっとしてあげることはなかったんだろうか?
いつも自分に問いかけている。


時が熟したのだと思う。
弥生流を提供できる最終期に入ってきた。

弥生流は、
・穏やかだけど確実な成果が出せるホメオパシー療法
・医療コーディネイトでホメオパシーと現代医学を繋ぐ
・最高峰のエネルギー療法

私たちは神さまの子。
魂は神さまから、肉体は両親からもらったもの。
一人一人は、神殿のようなものだと思う。

神殿を創り維持していくための、弥生流「3本柱」が揃った。

生まれ故郷は中東のシリア。
シリアのパルミラの神殿は、三位の神が祀られている。

だから、私の存在理由を完成させるためにも3つの柱が必要だった。

3本目の確固たる柱の「最高峰のエネルギー療法」を見つけた。

これから、ホメオパスになったと同じくらいの
愛と時間と労力がかかるんじゃないかな。

それでも、私はやりたい。
だって、ワクワクして楽しくてしょうがないんだもん。

ホメオパシーが大好きで、
ホメオパシーを学ぶためなら、インドにだって行けちゃう。
そんな熱量の熱い私に、
またまた、もう一つの火がついてしまったのだ。

夫が絶句するのもわかる。

ワクワクしつつも、
弥生流をどうやって人々に伝えていけるのか悩んでいて、
自分を顕にすることへの抵抗感が見え隠れしている。

だって、カルカーブなんだもん。
しょうがない。


今学んでいる劇場型ライティング講座では
「ノーパン」が一つのシンボルになっている。

これまで自信がない面があって、
隠せるものは隠しておきたかった私が
自分を曝け出すことにチャレンジしてみたら、
周りにとっても私にとっても幸せなことが起こった。

これは、もう、ノーパンになるしかない。
私がやりたいこと叶えるために。

私がやりたくてたまらなくて、私の魂が喜ぶことは、
「人々の命をうやまう」ことだから。

私の存在理由
「私は家族との学びを経て、人々の命をうやまう」

私の源の祖父、父と母が持っていたことであり、やってきたこと。
私にも同じように、医療で自分を活かしたい「血」が流れている。

これからも医療という大きな渦の中で、
弥生流で羽ばたいていく。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA