構想を温め続けて6年、放射能の対策が家庭でできるようになる講座をつくりました

「東日本大震災」

この言葉の持つ意味は、とてつもなく大きい。

「東日本大震災」と言ったり聞いたりすると、今でも、胸の奥に何かを感じます。

 

巨大隕石が地球にぶつかったのかと思ったほどの、激しい揺れ。

繰り返す余震。

大津波。

福島原発の事故。

放射能の問題。

失ったものは計り知れない。。。

それでも、得たものがあります。

 

放射能の被害を避けるために、避難する?暮らし続ける?

震災直後は、誰もが迷い、苦渋の決断をしました。

 

何人かのお友達は、県外や海外に避難しました。

逃げられる人は、逃げてもいいと私は思いました。

 

それでも、仲良しの友達は泣いていました。

「○○ちゃんが北海道に避難しちゃった。私、とりのこされちゃった。

私だって避難したいのに、私は行けない。

これから、どうしていけばいいか分からない。(涙)」

 

避難した人も、残った人も、苦しさの中で耐えながら、子ども達を守ることを第一に考えていました。

 

そんな中、大阪に住んでいる叔母から電話がありました。

「子ども達を連れて、こっちにいらっしゃい。いつまでもいていいから。」

叔母のこの言葉は鮮明に覚えているのですが、どう返事したのかは思い出せません。

子ども達が寝静まってから、主人に相談しました。

 

私「大阪においでって、おばちゃんが言ってくれた。」

主人「行ってもいいよ。子ども達を連れて。」

私「・・・」

私「パパはどうするの?」

主人「俺は、こっちで仕事があるから残る。」

(主人は、震災後の救助に関係する仕事をしていました)

 

正直なところ、悩みました。

そして、自分で決めました。

 

私「仙台に残る!」

主人「いいのか? 行っていいんだぞ。」

私「子ども達は、パパが大好きだから、家族がバラバラにならない暮らしを選ぶ。」

主人「そうか。分かった。」

私「放射能に負けない体をつくっていくから、大丈夫。^^」

(当時の娘達は、保育園児と小学校低学年でした)

 

放射能に負けない体づくりは、何をすればいいの?

放射能に負けない体づくりをすると決めましたが、保健師として具体的に何をすればいいのか知りませんでした。

 

当時は保健師をしており、所属の会社では福島県内にいる医療職の統括をしていました。

保健師達は、家庭訪問で家を回り、放射能にまつわる様々な相談を受けていました。

保健師の悩みは、住民の相談事にアドバイスができないことでした。

放射能に対応ができる情報を学校で習ったことがないからです。

 

そこで、私は福島県内の医療職の要望を1つ1つ聞き、まとめて会社に要望として提出しました。

・放射能対策の具体的な方法を教えてほしい

・子ども達や家族を放射能から守る方法で、家庭でできることを知りたい

・地域住民に配布するリーフレットを作成してほしい

など

 

会社からの回答は、

「国が方針を出していないのに、会社として方針はだせない。」

と現場の要望は、一切、受け入れられませんでした。

 

それを伝えた時の、

みんなのガッカリした顔、

悔しそうな顔、

納得できない顔、、、

今でも覚えています。

会社の組織に属していて、医療職の立場ではなすすべがありませんでした。

 

ホメオパシーで放射能から身を守ることができる

放射能から身を守るために、ホメオパシーを使うことができます。

導入編は、恩師の由井寅子ホメオパシー博士から教わりました。

しかし、仕事仲間の医療関係者には、ホメオパシー情報を伝えませんでした。

震災当時はホメオパシー養成校の2年生でしたが、ホメオパシーを学んでいることを会社には秘密にしていたからです。会社は、現代医療を仕事にしていました。

 

家族や周りの友人にはホメオパシーを届け、ホメオパシーで放射能から身を守る方法を伝えました。

自然派のママさん達には、それまでホメオパシーを使ったことがない人が沢山いました。

使ったことがなくても、みなさんホメオパシーを信頼してくれ、使ってくれました。

ホメオパシーレメディー

 

一方、ホメオパシーを伝えたことで、縁が切れてしまった人もいます。

大切な仕事仲間の中に、どうしてもホメオパシー情報を伝えたい人が1人いました。

福島県楢葉町(福島原発から15Km)に住んでいた部下で、幼稚園児2人と家族4人暮らし。

避難命令が出るとすぐに県外へ避難し、避難後は電話で悩みを聞いていました。

 

「会社はあてにならないし、国もあてにならない、

自分達の体を自分達で守っていくために、これはもう、ホメオパシーしかない!」

と、いきり立つ私になっていましたので、彼女にホメオパシーを紹介しました。

 

結果は、、、、

残念ながら、その後、彼女から電話がかかってこなくなりました。

 

当時の私は、ホメオパシー療法のことを分かりやすく説明することができませんでした。

うまく説明していないのに、

「これいいから!使ってみて。」

と言われても、使えないですよね。。。

今なら、その状況が理解できます。

そして、楢葉町の彼女がいたおかげで、ホメオパシーを知らない人達にも届けられる方法を考えるようになりました。

 

放射能の講座をつくりました

構想を温め続けて6年、放射能の対策が家庭でできるようになる講座をつくりました。

 

この講座が完成できたのは、やまきみゆきホメオパス(ホメオパシー療法家)のお陰です。

やまきホメオパスは、福島市で活躍している看護師・保健師の臨床経験を豊富に持つホメオパスです。

2人が持つホメオパシーと医療の知識と経験。

これらを総集し、半年にわたる作業を続けて完成しました。

 

募集開始は、10月1日です。

講座の内容やご案内は、やまきホメオパスと私のブログでご紹介していきます。

 

やまきホメオパスのブログ「未来の子供達へ贈る講座をこの冬始めます」はこちらです。

やまきみゆきホメオパス

用語メモ

用語メモ

★ホメオパシー★

ドイツ人医師が200年前に考案した自然療法。自然治癒力を使います。

★レメディー★

自然治癒力のスイッチを入れるための砂糖玉。エネルギー情報入りです。副作用がないので、どなたでも安心して使用できます。

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA