BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 講座
  4. ケガをして、病院に行く必要あるのはどんな時?

ケガをして、病院に行く必要あるのはどんな時?

運動には、ケガがつきものです。

誰もが一度は経験がある足首のねんざ。

運動時だけでなく、日常生活でも捻挫は引き起こされることがあります。

ねんざをしたらどうしますか?

 

「安静にしていれば大丈夫。」は本当?

「2、3日安静にしていれば大丈夫だ。」なんて思っていませんか?

しゃがむと足首の外側が痛い。。。

判断を間違えると、何か月経っても痛みが残ることがあります。
 
最初のケアを正しく行うことで、多くの場合は問題なく、よくなります。

最初にするケアは何?

病院や接骨院の受診が必要かを判断することです。

7月17日開講のホメオパシーフルサポート講座の中で、

病院に行く必要があるのは、どんな時か?

その際の判断の仕方や病院へのかかり方をお話しています。

ここで少しだけ、講座の一部をご紹介したいと思います。

 

ねんざの応急処置

1)最初に、ねんざしている部分の安静を保ちます。

ねんざした方の足に体重をかけない、歩かないことです。

2)ねんざの関節を軽く、やさしく動かしてみます。

関節の位置がずれている、またはグラグラしている場合は、
即、受診する必要があります。

3)レメディーをとる

すぐにレメディーをとり始めてください。

 

ねんざのレメディー

アーニカ:外傷に

ルータ:足首、手首のねんざ

ラストックス: 肩、腰、膝、足首などのねんざ

ブライオニア: じっとしていたい。動かすと痛い、など

レメディーをとるコツは、フルサポート講座の中で詳しく説明しています。

 

『自宅にいながらゼロから学べる元気もHappyも手に入れる ホメオパシー・フルサポート講座』

2018年7月17日 開講

主催は、(株)ナーダ 代表取締役 工藤聖子。
 
ご家庭で、自分の都合のよい時間に何度も繰り返し学ぶことができる
メールでのセミナーとオンライン講座を組み合わせたシステムです。

いつでも、どこでも、受講ができます。

ぜひ、一緒に学びましょう。

三森弥生のブログを見てお申込いただきますと、特別な割引があります。

4つのコースがあり、
ブロンズコースは、3000円引き
シルバーコース以上の3つのコースは、5000円引き
 
申込みフォームの最後にある“紹介コード”の欄に、下記をご入力ください。

mi2525

 

受講の流れ

1)7月17日 メールセミナーが開始(約1ヶ月間)

スマホやパソコンなど、ご希望のメールアドレスに届きます。

好きな時間に読み、ホメオパシーのことを学びます。

2)オンライン講座・基礎(2ヶ月目)

専用のURLにアクセスし、テキストと一緒に学びます。

3)オンライン講座・応用(3ヶ月目)

URLに何度もアクセスできるので、繰り返し復習ができます。

4)オプションあり(シルバーコース以上)

講師に何回でも質問ができます。

私や他の講師が丁寧に分かり易く回答します。

■講座の詳細は、専用ページをご覧ください
 
 
■申込みフォームは、こちらです

紹介コード:mi2525

申込締切日:7月12日

 

お問合せ

    送信前にチェックしてください→

    関連記事

    三森弥生プロフィール

    保健師として8000人以上をサポート後、2013年よりホメオパス活動を開始。薬を使わず医療と連携しながら悪性リンパ腫の治癒、緩和ケアなど、病気を抱えていても穏やかに過ごせるサポートを行っている。

     

    カテゴリー