病気でお世話が必要な人の洗濯は、どうしています?

病気の人のお世話をしていると、「衣食住」の大切さを身に染みて感じます。

母の介護をしていて、気づいた私のこだわりがあります。

「洗濯では、●●をしたくない。」

こだわりを持っていることに気づいて、こだわりを私から手放したら、母の体調がよくなりました。

 

高齢の母の住まい

母は、病院に直結しているサービス付き高齢者住宅に入居しています。

 

日中は洋服で過ごし、寝る時にパジャマに着替えます。

排泄が自分ではできないから、紙パンツを使っています。

服も肌着も毎日汚れるので、洗濯物はかなりの量になります。

洗濯は、私がやっていました。(←過去形です)

 

介護に完璧主義は禁物ですね

母の介護が始まったばかりの頃は、怖い物知らずでした。

なんでも、私ができる。

私がやる。

とかなり、肩に力が入っていました。

片道30分の施設にいる母の所にせっせと通い、洗濯物を持ち帰り家で洗濯をしていました。

 

なぜ、私がそこまで洗濯に執着したかと言うと、

「洗濯では、合成洗剤を使いたくない。」

と、こだわりがありました。

一般で使われている洗剤は、合成洗剤という種類のものです。

 

私からみる合成洗剤のイメージは、こんなでした。

  • 合成洗剤の香料はくさい
  • 合成洗剤は体に良くない
  • 病気の母の負担を軽くするために、合成洗剤は使いたくない

 

無理していると、イライラしてきます

介護を始めてから8ヶ月目。

母の乳癌の腫瘍マーカーは上がり続けるし、介護に疲れが出始めました。

なんだか、イライラしやすい。

ちょっとしたことで、ムッとするようになりました。

 

なんだろう、、、

もしかして、介護に疲れているのかなあ?

 

こういう時って、自分では分かりません。

自分で自分を客観視するのって、結構難しいです。

 

自分の時間を見直しました。

介護、家のこと、仕事、こどもの学校の役員。

これだと、忙しいわけです。^^

 

私じゃなきゃいけない?

 

私でなきゃいけないことって何だろう?

他の人にお願いできることはある?

と「ある」が前提の視点で、考えました。

 

そしたら、ありました!

 

「洗濯を人にお願いする。」ことです。

施設に洗濯業者さんが入っていて、有料で洗濯をしてくれます。

 

でも、合成洗剤が苦手な私は洗濯業者さんを避けていました。

そこで、自分に問いかけてみました。

 

「合成洗剤は、本当に悪?

母のために、力を貸してくれる人がいる。

私が洗濯を手放すことで、得られるものがあるはず。」

 

1日くらい、真剣に自分の心の内と向き合いました。

そして、委ねて、手放すことにしました。

「みんな、母のためにやってくれている。」

「母が清潔に洗濯された洋服で快適に過ごせるように、それぞれの人ができることをやってくれる。」

このような視点に切り替わる瞬間がありました。

 

洗濯を専門の業者さんにお任せしました

秋からは、洗濯を業者さんにお願いしました。

費用は、1週間で1,000円です。

 

お願いしてみて、私がとってもとっても楽になりました。

時間も、心も、体にもゆとりがでました。

どれほど、体に力を入れて頑張ってきたかも分かりました。

ゆるゆるくらいが、ちょうどいいです。

 

同じ頃、母の体調にもいい変化が出たんです!

このことは、また、今度にお話しますね。

 

私のように、家族に体調が悪い人がいてお世話をしている人達って、疲れていると思います。

頑張ることも必要ですが、どこかで息を抜けるところがあると楽になります。

お世話は、ながく長く続くものですからね。

 

年明けに、私と母の体験談をお話するセミナーを開催します。

1月28日(日)仙台
『保健師ホメオパス三森弥生が語る
認知症で乳がんの母と歩んだ、人生の中で一番幸せで穏やかな1年
~医療とホメオパシーの調和に支えられて~』

 

三森 弥生
保健師・ホメオパシー療法家。25年間の医療現場での臨床経験を通し8000人以上をサポート。「体のしくみと検査や薬との関連性」の知識が豊富。医療の優れた面を活かしながら、自然派のホメオパシーとの融合を図っている。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA