なぜ、病気になるのでしょう?

なぜ、病気になるのでしょう?

・インフルエンザに罹って以来、体がだるい
・転んで腰を打って以来、腰痛になってしまった
・交通事故を目撃して以来、車に乗るのが怖い
・上司にセクハラを受けて以来、夜眠れない

このようなお悩みはありませんか?

「●●以来、調子が悪い」

このような場合のホメオパシー的対応は、

病気になった原因を見極め、
●●以来、調子が悪い」の●●に対応できるレメディーを選ぶことで、
レメディーの作用によって、より強い自然治癒力をひきだします。


これが、ホメオパシー的アプローチです。
レメディーをとった後は、自然治癒力に任せることで、徐々に改善に向かっていきます。

日本よりもホメオパシー医療が発達しているインドやヨーロッパには、
ホメオパシー病院もあるほどにホメオパシーが普及しています。

●●以来、調子が悪い病気が、ホメオパシーで改善しているケース

【諦めていた損傷による下半身麻痺、希望の光となったホメオパシー】

頭に荷物をのせて働く人々。
インドの街角では、良く見かける光景です。
大人も子供も器用にバランスをとって、荷物を運びます。
観察していると、女性は洗濯物や水がめ、男性は行商用の商品や土木作業の土や石等を運んでいました。
かなり重いはずです。
首、背骨、腰に負担がかかりますね…

ある患者さん、10代のころから45年間、 荷役(漁港の荷下ろし) を仕事にしていました。
数十㎏以上の魚を頭に載せ、毎日運んでいました。
それに影響を受け、下半身麻痺になりました。

40代の頃から時々、腰や下半身に違和感がありましたが、何も対処しなかったそうです。
後に深刻な下半身麻痺になるなんて、想像はできないですからね。

ところが、ある時から脊髄に関する症状が強くなっていき、徐々に麻痺がでました。

コルカタの大病院に数ヶ月入院。
治療をうけましたが、麻痺した下肢の機能は回復しませんでした。

担当医からは、これ以上の治療法はないと言われたそうです。

まだ、現役で働ける年齢。
自力では歩けない。
家族も養えなくなってしまった。
排尿、排便も自力でコントロールできない。
気持ちも落ち込んでいて、とても悲しそうな目をしていました。

ホメオパシー診察は、月1回。

いま、奇跡的なことが起こり始めています。

全く動かせなかった足の指を少し動かすことができる。
麻痺して触られても分からなかった皮膚。
お腹をつねられると分かる、感覚が戻ってきています。

処方レメディーは、1粒。
このレメディーのとり方は、100年以上続く、バナジー家 独自の手法 です。

伝統にもとづいた、Dr.S(サプタルシ) の ホメオパシーの経験と その叡智が患者さんを救っています。

 

ホメオパシー体験会

ホメオパシーが国民に愛され、ホメオパシーユーザーが多い国がンド。

今回は、ベテランホメオパス3人が

著名なインド人ホメオパス、ドクター S.バナジーの元、日本とインドで学んだ手法を用いて

15分という短い時間の中で、 今のあなたに必要な1種類のレメディーを選びます。

インド農村・ホメオパシー診察
[ドクター S.バナジー家はインドで5代続くホメオパスの名門で

1日に1人あたり100人の患者さんを診察するかたわら、

インドで最も権威あるホメオパシーの学校

Allen College of Homoeopathyを経営しています。]

バナジー家伝統のレメディーのとり方

レメディーのとり方は、100年以上続くバナジー家伝統の特別な手法をご紹介します。
バナジー家には、数千ケース以上の治癒症例があります。

日本では、まだ、馴染みがありませんが、体験された方からはご好評いただいています

※当日はレメディーのご案内のみになりますので、ご自身でレメディーを購入しておとりください。

3人のホメオパス紹介

荻原加奈

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 図1.jpg です
荻原加奈ホメオパス

日本ホメオパシーセンター足立小台 センター長

赤ちゃんから高齢者まで、幅広い年齢層に人気。
特に、女性特有の悩みや病気への鋭く且つ、的確なアドバイスは好評です。
ホメオパシー養成学校(現CHhom)の同期で、卒業試験でとってもお世話になりました。

成瀬麻記子

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 図2-1000x1024.jpg です
成瀬麻記子ホメオパス

日本ホメオパシーセンター町田玉川学園 センター長

化学式を語らせると、彼女の右に出るホメオパスはいないほどの頭脳の持ち主。
発達障害のお子さんへのホメオパシーケアには定評があります。
ホメオパシー専門書の監修を手がけおり、「シュスラーのティッシュソルト12種類―マテリアメディカ編―」は私のホメオパシー図書です。

三森弥生

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 図3.png です
三森弥生ホメオパス

日本ホメオパシーセンター仙台榴岡センター長
ミモザ主宰

ホメオパシー体験会の詳細

zoom (無料ビデオ通話) を使用しますので全国どこからでもご参加いただけます。

インド式ホメオパシー ~ 1粒のレメディーの可能性~

【日時】
4月10日(水)  10:00~19:15 (お一人当たり15分)

下記のお申込フォーム内で、ご希望時間を選択できます。

【面接方法】
zoom (無料ビデオ通話)

【参加費】
1,000円 (税込)

【担当ホメオパス】
三森弥生
萩原加奈
成瀬麻記子

お申込

お申込フォームはこちらです

ある日のインド農村・ホメオパシー診察風景


お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA