実務家による実務家のためのホメオパシー研究会 (JJ研)始動!

ホメオパスのみなさんへご報告です。

JJ研(実務家による実務家のためのホメオパシー研究会)を2021年1月に発足します。

 

ホメオパシーの後進国である日本では、多くのホメオパスが悩んでいます。

・学んだことを実践しても結果につながらない

・レメディの改善効果が思うように出ない

・ホメオパシーへの愛や熱意はあるのに、ホメオパス一本でやっていくことが難しい

・ケースで行き詰まった時に、心を割って相談できる仲間がいない

・クライアントさんからの依頼が入らない

・クラシカル派とプラクティカル派の間には壁がある

 

これらの問題を解決し、ホメオパスが専業として活動するための基盤となるようなサポート体制を発起人4人で創りました。

JJ研の活動

ホメオパス対象のJJ研0期は、2021〜2022年の2年間です。

募集人数が20名のところ、あっという間に口コミで広がり、募集開始24時間で、増員満席35名となりました。

 

JJ研の強み

・ストットラー氏からの直接講義(ケース監修していただき、オランダと日本をオンラインで繋ぎます)

・ストットラー氏への質疑応答の時間あり

・ケース監修の受講後の復習会(参加者同士のディスカッションの機会が豊富)

・複数のホメオパス養成校出身者が参加しており、活発な情報交換ができる

 

ストットラー氏を知る方から見ると、凄い内容ですよね。

話を聞いたホメオパスには、キャンセル待ちや次期の入会を希望する方もいらっしゃいます。

 

では、具体的にどういう内容かをご説明します。

ー講義の流れー

1)皆さんが改善が思わしくなく困っているケースをJJ研に提出(日本語)

2)JJ研で日本語を英語に翻訳

3)JJ研からストットラー氏に提出

4)ケースデータを元にした監修をライブ配信(英語)

5)参加者は、自宅でライブ受講(英語)

6)ディレイ配信にて、ライブ時の映像をノーカット配信(日本語、英語)

7)英語版と日本語版の学びやすい方を使い、自主学習する

8)復習会(オンライン)に参加し、疑問点などを共有したり、先輩ホメオパスから解説を受ける

9)対面による交流会(年1回)

 

1回の講義で4ケース

1年間で10回の講義

これを2年間行います。

これだけの情報量に触れてディスカッションし、

参加者それぞれが主体性を持って、インプットとアウトプットを繰り返します。

2年後が楽しみになりますよね。

 

発起にあたって

私を含め発起人は皆、専業ホメオパスとして活動することができています。

  • ”ストットラーメソッド”を学び実践している
  • 実践する仲間とのコミュニティがある

 この2つが成功の秘訣だと考えています。

”ストットラーメソッド”とは

ホメオパシー界では、世界中で多数のメソッドが考案されています。

その中で、なぜ、今、”ストットラーメソッド”を勧めるのでしょうか?

”ストットラーメソッド”とは、

オランダの第一線で活躍しているエワルト・ストットラー(EWALD STÖTELER)氏が伝えるメソッドです。

ストットラー氏は、ハーネマンの「オルガノン」第6版からの教えをとても大事にしています。
 
世界的に普及している「オルガノン」の版は5版と6版の合版ですが、合版と6版では内容の解釈に違いが生じています。
 
ストットラー氏は
 
・「オルガノン」第6版を中心に各版の移り変わり
・そこから読み取るハーネマンの思考の変化
・ハーネマンが臨床で得た哲学
・「慢性病論」と「オルガノン」の関係性

などをメソッドの軸にしています。
 
 
ここの理論が理解できると、
 

1)クライアントの負担を最小限にする”ストットラーメソッド”の要である

  【速やかで、穏やかで、永続的な治癒】

2)1日に3種類のレメディを投与する根拠とそのメリット

3)ハーネマンが最晩年にLMポーテンシーを開発した理由

4)嗅ぎレメディーのコツ

がよくわかります。

ホメオパス仲間とのコミュニティ

今の私には、ホメオパス仲間とのコミュニティがいくつもあります。

そんな私にも、ホメオパスとして孤独な時がありました。

知識を増やし、治癒に導くことができるホメオパスになれば、孤独ではなくなると思っていました。

知識を増やすために講習を次から次へと受講していましたが、知識は身に付いても孤独なままでした。

孤独から解放してくれたのが同志とのコミュニティです。

 

仲間がいるといいことが沢山あります。

・自分では経験できないケースを一緒に考えることができる

・ケースを共有することで経験が増え、経験に基づいた判断が可能になる

・喜びも苦悩も分かちあえる

 

仲間は、上下関係や師弟関係ではありません。

私にとってホメオパシーで繋がる仲間は、共に生きる、成長しあえる大切な同志なのです。

JJ研は、”ストットラーメソッド”を愛する仲間が集まり、情報交換し、学び合うコミュニティです。

JJ研の理念


ホメオパシーが代替療法として信頼され、認知され、選択肢の1つとして活用される社会を目指す。


ー 世界基準のホメオパシーを提供する上で不可欠な知識、再現性と信頼性の高い情報を共有する。
ー 個々のホメオパスが切磋琢磨し、クライアントの期待を満たす知識が身に付く環境を提供する。
ー その経験と実績を後世のホメオパスに引き継いでいく。

 

発起人の紹介

成瀬麻記子(JJ研代表)

ホメオパシーセンター@町田玉川学園 ~Pure mind & body~ 代表

子どものADHDとアレルギーを機にホメオパシーと出会い、化学者からホメオパスに転身。

成瀬ホメオパスが発起人となり、JJ研が始動。

大久保愛子

日本ホメオパシーセンター中央佃 代表

国内におけるストットラーメソッドの第一人者。

法科の思考から語られるホメオパシー哲学は必見。

八代朋子

ホメオパシーセンター新宿 センター長 / ゼロから学ぶホリスティックママになるための学校 校長

「学びは財産」をモットーに、セルフケアで家族の健康を守るための講座等を開講、人気を博している。

三森弥生

ミモザ ホメオパシーセンター仙台 代表

保健師25年の臨床を経てホメオパスに転職。

がんコンサルティングや医療コーディネイトを行っている。

さいごに

JJ研の活動にあたっては沢山の皆様にご指導、ご鞭撻及びご協力頂いています。

(敬称略・順不同)

  • EWALD STÖTELER
  • Marja Roozendaal(ストットラー氏のホメオパシークリニック所属ホメオパス)
  • ストットラー氏のホメオパシー校スタッフ
  • 同時通訳者(英語)
  • 逐次通訳者(英語)
  • 翻訳者(英語)
  • 逐次通訳者(ドイツ語)
  • 翻訳者(ドイツ語)
  • 資料作成・管理者
  • 運営アドバイザー
  • 六員環商会
  • ドクターホメオパス(インド)
  • 医師(日本)
  • 事務スタッフ

次年度以降のご参加希望やお問い合わせは、下記のメールアドレス にお願いします。

lshforp@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA