「抗がん剤治療はうけん!」が受け入れられた日

叔父の咽頭癌と向き合うホメオパスのサポート手記12

叔父のこうきさんは75歳。  

高知の村で一人暮らしをしています。  

2019年6月に咽頭癌と診断され、8月に手術を受けました。  

姪の私が仙台からサポートをしています。

抗がん剤での治療について

咽頭癌の全部を摘出手術したこうきさんは主治医がびっくりするほどの回復力をみせていましたが自宅生活を4日後に、再入院中です。


「体調を崩し、再入院してくれてよかった。」と、思っています。


理由は、『抗がん剤治療を受けない』意思を、主治医側が受け入れざるを得なくなるからです。


主治医が勧める抗がん剤治療には、ある条件が必要でした。


その条件を満たさない出来事が「再入院」なのです。


どういうことでしょう?

手術は賛成したけど、抗がん剤治療は、受けて欲しくないのです。


「手術を受けたい」こうきさんの意思を尊重して、手術に賛成しました。


最初は、手術に懐疑的でしたが、今は手術をして本当に良かったと思っています。


(このことは、別の機会にお話しますね)

抗がん剤は、


・癌を治す、効果は無いし
・体力は、衰弱するし
・副作用による被害が大きすぎる


から、積極的に賛成はできません。


こうきさん自身も、手術前に治療リスクの説明を主治医から聞かされ「抗がん剤治療と放射線治療は、うけん!」と決めていました。


主治医は、こうきさんの意思を受入れてくれて


「抗がん剤と放射線治療の対象外でよいです。体力が落ちていることと、高齢(75歳)を考慮して。」


このように手術前には、患者と主治医と家族である私の意見が一致していました。


ところが、手術後、主治医の治療方針が変わりました。

治療方針変更の提案

手術の3週間後、退院前に主治医から電話がありました。


主治医「手術の経過が予測をはるかに上回る回復力でした。」


私の気持ち(手術前に免疫アップするサポートをしたからにちがいない^^)


主治医「手術前は、抗がん剤と放射線治療の対象外になると考えていました。手術後の回復が良いので、抗がん剤治療と放射線治療ををお勧めします。」


私「どうしてですか?」


主治医「見える癌は、全部切除できました。しかし、見えない癌が残っている可能性があります。見えない癌への治療には、放射線と抗がん剤が必要です。」


私の気持ち(見えない癌があったとしても、再発や転移を防ぐことができるのはその方法じゃないよ。)


主治医「治療を受けるには、条件が必要です。」


私「条件?」


主治医「条件は、退院して自宅で1-2週間を元気に過ごすことです。」


私「それは、どういう意味ですか?」


主治医「自宅で生活できる体力がないと、抗がん剤治療には耐えられないからです。抗がん剤治療を受けて、家に帰れない人を増やしてもダメですからね。」


私「抗がん剤治療を受けると、家に帰れなくなるんですか?」


主治医「体力がないと、そうなります」


私(・・・)


主治医「今、再発の可能性の話をするのは、ご本人にとってショックも大きいと思われるので一度、退院していただいいて、再受診の診察時に、ご説明する予定です。」


(少し猶予があるな。与えられた時間を活かしていこう!)


私「わかりました。」


【私の解釈】賢い医師は、抗がん剤治療が患者さんを衰弱させると知っている。


でも、治療のガイドライン(医学界の掟のようなもの)以外の治療計画を立てることは、公立の病院ではご法度です。


だから、「抗がん剤治療は受けさせたくない」と、この時点で私が言ってもなんの効力はないし、逆にマイナスに働くと考えました。


最近では、患者の意思が治療計画に反映されるようになってきました。


しかし、今の日本では、患者の気持ちが尊重される治療を受けるためには工夫も必要だと、感じています。


医療者と話合いをする時には、間合いのとり方を常に意識しています。


【私の行動】こうきさんに手紙を書きました。


抗がん剤治療を受けて欲しくないと思っていること、


最終的にはこうきさんの選択(抗がん剤治療を受けても受けなくても)を応援する。


と伝えました。


このあとのことは、私の意思でどうこうできるものではないので思いを天に放ちました^^

抗がん剤治療は受けん!が受け入れられた日

退院後のこうきさんは、自分の体を労わることができなかったこともあり、炎症が起こり、4日後に再入院になりました。


これは、主治医が提示していた「抗がん剤治療を受ける条件」を満たさない状況となりました。


だから「再入院してよかった。」と、思ったのです。


主治医は、一応かもしれませんがこうきさんに抗がん剤治療と放射線治療を勧めました。


こうきさんは「うけん!」とはっきり、意思表示をしたそうです。


すると、訪問看護師さんから電話がありました。


「抗がん剤治療を受けないとおっしゃっていますが、納得されていますか?どう思われていますか?」


私「抗がん剤治療は受けないことに、私も賛成しています。」


看護師さん:絶句している空気を感じました


「そうなんですか、、、、それはどうしてですか?」


そんなこんな、やり取りもありましたが、抗がん剤治療、放射線治療を受けずに、退院することができることになりました。


よかったです!




 

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA