「手術をしたら、声がでんなるそうやが」

叔父の咽頭癌と向き合うホメオパスのサポート手記3

叔父のこうきさんは75歳。  

高知の村で一人暮らしをしています。  

2019年6月に咽頭癌と診断され、8月に手術を受けました。  

姪の私が仙台からサポートをしています。

「手術をしたら、声がでんなるそうやが」

叔父のこうきさん

先月咽頭癌が見つかりました。

高知の村で暮らしています。

独身で、1人暮らしです。

どんな人かというと、

喋ることが大好きで

趣味は、家系図を調べること。

江戸時代後期くらいまでの家系は、ほぼ暗記しています。

そして会う度に、ご先祖様の由来を話してくれます。

神道のお祭りごとの依頼を受けた時だけ、神主をしています。

咽頭癌の治療では、声帯を摘出予定です。


「手術をしたら、声が出んなるそうやが、神主の仕事はできるろうか?」

と相談されました。

私は、返す言葉がありませんでした…

親戚一しゃべることが好きで

声を使う仕事をしているこうきさん。

声帯を切除する「覚悟と気持ち」は

想像してもしきれなくて、

私も胸が苦しくなります。

お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA