目覚ましい回復

叔父の咽頭癌と向き合うホメオパスのサポート手記10

叔父のこうきさんは75歳。  

高知の村で一人暮らしをしています。  

2019年6月に咽頭癌と診断され、8月に手術を受けました。  

姪の私が仙台からサポートをしています。

目覚ましい回復

こうきさんは、元気です!

8月8日に16時間に及ぶ大手術を受け、9月2日に退院します。

主治医は「すごい回復力ですね。」と驚いていました。

手術前は、大きくなった咽頭癌の影響で食事ができませんでした。

36㎏まで痩せほそり体力が極端に落ちたことで、手術中にトラブルが起こるリスクが高くなっていていると説明がありました。

自宅療養するににあたり乗り越えなければならないこともありますが、こうきさんは元気に回復中です。

私からこうきさんに、ホメオパシーは勧めていません。

レメディの使い方をこうきさんが理解し、使いこなすことが難しいと考たからです。

そこで、手軽に飲めて医師が推奨している健康食品を勧めました。

手術前の2週間に集中して飲んでもらったことで、手術に耐えられるくらいまで体力がついたと思っています。


順調な回復を喜んでいたのも束の間、大きな難題が圧し掛かってきました。

”抗がん剤治療”を提案されたのです。

手術前は酷く弱っていて、抗がん剤治療には耐えられないとの診断でした。


手術後に驚異的な回復力をみせたので、それに対して抗がん剤治療計画が浮上しました。

抗がん剤治療に対して、私の気持ちは複雑です。

このことは、別の機会にお話します。



お気軽にお問い合わせください。022-353-6642受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お気軽にお問い合わせください

 
ミモザ
三森弥生のメニュー
●医療コーディネイト(病院同行) ●がんコンサルティング ●ホメオパシー健康相談会
お問合せ・ご予約受付中

『三森弥 がんを語る』 11月8日登録開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA